GALERIE ASHIYA SCHULE ギャラリーあしやシューレ

There is no exhibition at the moment.

9月21日(土)より、「ウィーン世紀末 夢の影 宮崎郁子」展を開催いたします。

9月21日(土) - 10月19日(土)

OPEN  | 11:00-17:00
CLOSE | 日曜・月曜は休廊

「ウィーン世紀末 夢の影 宮崎郁子展」に寄せて……………… 神奈川県立近代美術館長 水沢 勉

 世界没落の実験場——舌鋒鋭い批評家カール・クラウスは、19世紀後半のウィーンをそう呼んだ。
 ウィーンは、いまなお一見、夢のような町だ。しかし、その翳りは深く、まるで全体が朽ち果てた黒いシルエットのように感じられる。
 ウィーンの世紀末の空気を呼吸した優れた表現者のほとんどがウィーンに愛憎半ばする感情を抱き、しばしばそこから離れていった。
 エゴン・シーレもそのひとり。そして、そのシーレのイメージを人形として立体化してきた宮崎郁子も、シーレのボヘミアへの逃避行を100年の時間を隔てて自身の制作のために追体験している。
 その小さなピンホールのような行為から、ウィーンが、時空を隔てて、影状に浮かびあがろうとしている。師グスタフ・クリムトとともに、極東の島で。


 


Copyright 2014 GALERIE ASHIYA SCHULE. All Rights Reserved