GALERIE ASHIYA SCHULE ギャラリーあしやシューレ

Lamellar

岩名泰岳-宮永 亮 Yasutake Iwana-Akira Miyanaga


2015年6月20日[土]-7月19日[日]

OPEN  | 12:00-19:00(最終日は17:00まで)
CLOSE | 水・木 

ギャラリートーク|6月20日[土]16:00-17:30
岩名泰岳×宮永 亮

ギャラリーあしやシューレでは6月20日 (土)より、岩名泰岳-宮永亮による「Lamellar」展を開催いたします。
岩名泰岳は2012年までドイツ国立デュッセルドルフ芸術アカデミーで研究生として学び、2013年に帰国後、地元・伊賀上野島ヶ原で制作を続けています。
村民芸術を提唱する「蜜の木」活動を実践するとともに、絵画という媒体での創造探求を続けています。
作者は、地元の村にある観音山と呼ばれるお寺の裏山や、野に咲く草花のスケッチをもとに、村の記憶から掘り起こしたイメージを描き、作品化しています。キャンバスの表面あるいは目に見えない下層部には、自らの詩やテキストが描き込まれ、それら融合されたイメージの群は、濃密なエネルギーを獲得しながら、作家自身の作品へと統合されています。
宮永 亮は、ビデオカメラで撮影された映像をもとに、数多くの素材を収集し、スーパーインポーズする手法で作品を制作しています。自然あるいは人間の営みを実写した映像は、断片の歪みや重なりを伴いながら合成されていきます。それらの入り組んだレイヤー構造は、人間の意識にズレを感受させ、新たな識閾の知覚へと向かわせます。物語性から解放されたビデオアートが、時間芸術という抽象表現へ拡張されています。
本展では、岩名泰岳<土>‐宮永 亮<水>作品が、異なる物質が層状に重なり合うごとく『Lamellar』に集約され、未だ見ぬ世界と、新たな方向性を期待する展覧会となります。
初夏から梅雨を経て、盛夏に向かうこの季節。複層的に立ち表れる『Lamellar』の世界を、どうぞお楽しみください。


Copyright 2014 GALERIE ASHIYA SCHULE. All Rights Reserved
facebookicon    Archives    Store